★チョコレート★
★チョコレートスイーツ★

チョコレート 歴史

チョコレートの 歴史

◆ヨーロッパでの歴史◆

16世紀ごろにヨーロッパでチョコレートが作られました。
ナッツ・バニラ・シュガーを混ぜて、作られたのが始まりです。

この時代のチョコレートは特権階級の高級な「飲み物」
だったのです。(まだ固形ではないのです)

19世紀になってカカオからココアバターの一部を取り除く
技術が発明され、固形に成型することに成功し、
「飲むチョコレート」から現在の「食べるチョコレート」の
原形ができました。

この時代のチョコレートは現在のチョコレートとは
大分様子が違い、苦味が強かったのですが、1876年に
ミルクチョコレートが発明され、ずいぶんと美味しい
ものに変わっていきました。

でもまだ滑らかさが無く、食感はザラザラしたものでした。

19世紀の末に、粒子を細かくするコンチェという機械が
発明され、良質のチョコレートが作れるようになり、

その後レファイナーという機械が発明され、現在の
滑らかな舌触りの物になってきたのです。
by「All About」

チョコレート作り方

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。