★チョコレート★
★チョコレートスイーツ★

チョコレートニュース

チョコレートは栄養食:だが食べ過ぎには注意を

復活祭でチョコレートのプレゼントが増えている。

チョコレートは栄養食、エネルギー源、味覚を満足させる食品として大切な食品だ。

チョコレートにはカルシウム、燐酸塩、鉄分、炭酸化物、フェノールなどが大量に含まれ、ダイエット食品として重要な成分を含有している。

最近、チョコレートの中からフラボノイデスと呼ばれる化合物が発見されたが、これはある種の果物、ぶどう、野菜、茶、クルミ、種子、根などにも多く含まれ、これらのほとんどが抗酸化物としての機能を持つ。
チョコレートはカカオの実から取れ甘味や苦味がある。

最初のチョコレートの店は一六五七年、フランス人によってロンドンに出現、値段が高かったことで上流階級専門の飲み物だった。

一六五九年、パリにチョコレート・パイの店ができ、その十年後、同市にボンボンの店が現れた。

 チョコレートの種類にはミルクが付加されていないカカオの実を炒った粉で作る苦味がかったもの。
二五%のカカオが付加されたミルクの粉が原料のチョコレート。

三五%のカカオの粉で作られた黒色チョコレート。
ココアバターとミルク、砂糖、レシチーナで作られた
白色チョコレートなどがある。

 チョコレートのほろ苦い甘味は適度に食べているときは満足感と幸福感、充足感を与えるが、一日五十グラム以上食べると中毒に陥る可能性もあり、脂肪が多いので肥満や糖尿病になるリスクもある。

最も中毒にかかりやすいのは年代の若い女性で、食べ過ぎると
四〇%が中毒にかかると見積られている。
(八日付きアゴーラ紙より)

「過ぎたるは及ばざるが如し」の格言があるように
チョコレートだけではなく、何でもそうですが食べすぎには
注意が必要ですね。

チョコレート作り方
           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。